時間と空間


最近、時間と空間のことをよく考えています

時空間は、私たち人間の肉体脳が

それを、そのようにとらえているだけで

実際はどうも違うようだという感じがするからです

今日、ハッと思ったことがあるので

メモをしておきたいと思います

***

人間は自分を超えた大いなる存在を

空間的な大きさや、時間的な長さで測るので

「凄いもの」は大きくて、長い(またはたくさんある)もの

と、思いこむ節があるのではないかと考えます

しかし、身の回りをよ~く見ると

小さな花や虫の中に宇宙を見ることができます

もしくは、そこに神を見ることができます

「凄いもの」が小さい空間にも

瞬間という短い時間の中にも在る

ということも人間は理解することができます

***

私が写真を撮る時に植物を観る感覚は

そんな感覚に近いです

そこに在る宇宙を発見すること

地球なんかめんどくせーし

宇宙に帰りたいけど

帰る場所は解らんし

と思っていた子供時代

結局、地球の上で

宇宙を発見できたので

それはそれで幸せです

自分のことは良いとして、

そこから、もうちょっと

時間と空間について

熟考していきたいものです

Recent Posts
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic