自分を生きるということ

February 28, 2017

 

自分を生きる、自分らしく生きる。

できるだけ、そうしたいと思って生きてきたけれど、

その基準はというと、結果的には自分の感覚でしかない。

 

自分がそうしたいとか、したくないとか。

そのように振り返ってみると、自分を生きるというのは、
ここには無い何かを求めることではない。

 

よく言われる「今を生きる」ということ。

そして、「今」の感覚はだんだんと移り変わっていく、

そういうものだと思って、今を大事にする。

 

変わるということは、成長するということ。

変わらないというのは成長していないか、

普遍的な何かに到達しているかだ。

 

ここにいる自分をよく観察してみると、
いろいろな次元に生きる自分がいる。
同時に反対のことを考えている自分がいたり、
違う意識状態が同時に存在する。

 

しかし、どこか一つの層にとらわれて、

これが自分だ、と無自覚に思っている時は、

息苦しくて、具合が悪くなる。

 

おそらく、なんだか違和感を感じるときなどは、

まだ、自分が認識できていない階層からの

呼びかけがはじまったということなのかもしれない。

 

今の世界は、たくさんの情報を得られる分、

聴かなくても良い呼びかけを聞いてしまうこともままある。

 

何かをしなければだめだ、役に立たなければだめだ、

フェイスブックで友達1000人以上作らなければだめだ、

手帳に空きがあってはだめだ。あーだこーだ。

 

はいそうですか。
 

今の世界にはSilenceが必要。

そこにはもの凄く分厚い多層で多次元な世界がある。
5分間でも静かにいることを自分に許せるか。

それが自分の道を見つける簡単で良き方法。

 

Earth Spiral リトリートルーム 個人セッション

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now