© 2018 by Earth Spiral

裏磐梯は磐梯山の噴火後に、荒れた土地を人が暮らせるように開拓し、

国立公園として認定される前から、山仕事や畑仕事などで自然の中で、

人々の暮らしが営まれてきました。

山菜採りや畑の名人、蕎麦打ち名人、建物も自分たちで建てたり修理する名人など、

暮らしの知恵を持つ人々が多く住んでいます。

豊かな自然に惹かれ移り住む人たちも、地元の方の知恵や技術に助けられ、

美しい自然を楽しみながら暮らしています。

街中と比べると「なんにもない」場所ですが、ゆっくり散歩をすれば、

四季に移りゆく森や林、心休まる湖沼、鳥や草花たちが出迎えてくれることに気づきます。

また、南側には、堂々とした姿の磐梯山あり、

春夏秋冬ごとに、朝昼夕ごとに、違った姿を見せてくれます。

いってきます、磐梯山。ただいま、磐梯山。

​私たちの暮らしを見守ってくれる磐梯山と共に、裏磐梯時間は流れていきます。

裏磐梯時間は、人の営みと、自然の営みが融合して作られる「いのちの時間」でもあります。

裏磐梯にいらしたら、いつものペースをスローダウンして、少し耳をすませ、

そこに流れている時間に触れてみてください。

裏磐梯と裏磐梯時間

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now